お知らせ

くにたち音楽祭&小・中学校将棋団体戦参加の報告

2018年6月29日

  //
☆★ 『第43回くにたち音楽祭』に参加して
 6月10日(日)しらかば合唱団の子どもたちが「くにたち音楽祭」に参加しました。毎年卒業したOBやOGにも声をかけており、今年は中学1年生から大学生まで15名の賛助があり、在校生と合わせて総勢60名での合唱となりました。本番までに2回卒業生の練習日を設けました。合唱の同窓会のような光景はいつ見てもいいもので、出席してくれた在校生との交流も果たしてくれました。本番も含めて、在校生にとって、学園でいろいろ経験した卒業生のアドバイスは私たち以上の重みがあり、このつながりは大切にしていきたいと思います。
 この音楽祭は、国立市にある子どもから大人までの幅広い音楽愛好団体が、日頃の活動の成果を発表し合う演奏会ですが、今回進行を担当していた方が子どもたちに声をかけてくださり、学園の卒業生であること、後半に出演なさることを伝えてくれました。発表前の嬉しい交流が、歌声に力を与えてくださりありがたかったです。その方は国立学園の評議員でいらっしゃる早稲田大学の前総長の白井先生で、改めて演奏会後にご挨拶に伺ったところ、学生時代に合唱団を作り、現在まで60年余りも活動を続けておられることが分かりました。舞台でも楽しそうに歌っていらっしゃる姿に感銘を受けました。子どもたちにとっても、思いがけない出会いができ、改めてこの音楽祭の意義を確かめられたように思います。
 これからも、子どもたちの歌への思いを育んでいきたいと思います。日頃から合唱団を応援してくださっている保護者の方々に心より感謝申し上げます。

  //
☆★ 『第14回文部科学大臣杯小・中学校将棋団体戦 東京大会』に参加して
 6月10日(日)将棋が大好きな子どもとともに、日本橋の綿商会館で行われた「将棋団体戦東京大会」に参加してきました。団体戦というのは1チーム3人(3人とも同じ小学校)で2人以上勝ったチームが勝ちというルールで行います。高校生プロ棋士藤井聡太七段の影響もあってか、今までの最大の105チームが参加しました。本校は6年生の国立A,新鋭の3年生を加えたBチームが参加。五回戦を戦って、Aチームは3勝2敗、Bチームも3勝2敗と惜しくも東日本大会への東京代表は逃しましたが、全体でAチーム8位、Bチーム9位と、力を出しきる大健闘でした。
 来年こそは、東京大会を勝ち抜くぞと力が入っています。