お知らせ

スポーツ交流試合・大会参加の報告

2019年3月15日

◆◇ バドミントンクラブ交流試合 ◇◆
 3月2日(土)に啓明学園初等科の体育館にて、国立学園・啓明学園・音小・東洋英和・立教女子学院の5校で交流試合を行いました。私学最強ダブルスを決定する大会です。卒業5日前でしたが5名の6年生と、3名の5年生が出場して、どのペアも力いっぱいプレイしてきました。
 ダブルス全38チームが8ブロックに分かれ、ブロックごとに総当たり戦を行いました。入試のため3ヶ月くらい練習出来なかった6年生は、感覚を取り戻すまでに時間がかかった人もいたようでしたが、後半徐々に自分の動きが出来るようになってきました。5年生も、体の大きな6年生との試合に最初は押され気味でしたが、粘り強くラリーを続け、ポイントをとっていました。20対21の1点差の勝負もあり、緊迫した状況の中で、子どもたちは力いっぱいプレーし、勝つ喜びと負ける悔しさを味わっていました。
 応援に来てくださった保護者の皆さん、本当にありがとうございました。
★☆ 杉野・英ペアは予選ブロックを全勝し、決勝リーグに進みました ☆★
★☆ 全私学の中で ベスト8です! ☆★

◆◇ 卓球クラブ交流試合 ◇◆
 卓球クラブは3月3日(日)、学習院初等科の体育館にて、学習院と成蹊、そして本校の3校(総勢42名)で 交流試合を行い、本校からは五年生5名が参加してきました。
 最初に3校混合のリーグ戦です。グループごとに、代わる代わる審判になり、自分たちで試合を進めていきました。
 リーグ戦の後は、その結果をもとにトーナメント戦です。そこで早く負けてしまった人は、負けてしまった人同士でまた試合をする、というように、どの人もたくさん試合をしてきました。トーナメント戦では、5年生の渡邉君が準決勝まで残り、とてもよい試合をしましたが、惜しくも優勝した人に敗れ、三位となりました。決勝はみんなで観戦。どちらも他校の選手でしたが、見応えのある試合で勉強になりました。
 終わった後、「サーブがすごかった。」「強かった。」などの感想と共に、「もっと回転のかけられるサーブができるようになりたい。」「もっと強い球を打てるようになりたい。」など、意欲を示してくれた子どもたち。でも、子どもたち自身も緊張感の中で集中してやる試合に、クラブの時よりずっと粘り強く打ち合いをしていて、この日半日だけでも、とても成長しているのを感じました。これからが楽しみです。
 応援に来てくださった保護者の皆さん、ありがとうございました。

◆◇ サッカークラブ交流試合 ◇◆
 国立音楽大学附属小学校からお誘いいただき、3月2日(土)サッカークラブ員と助っ人のメンバーで2試合交流戦に参加してきました。6年生にとっては卒業前の最後の試合で、「受験も終わりおもいきりサッカーができる!」スッキリとした明るい表情でした。
 第一試合の相手は武蔵野東小。4年生から6年生までのチームで日々の練習が垣間見れるような連携の良さでした。二度もリードを奪われる苦しい展開でしたが、6年生の高橋和希君が3点のハットトリックを決め、逆転で勝利しました。第二試合は、普段よく練習試合をやらせてもらっている音小。音小の最後まで走り切り、見方を鼓舞するチームワークに、学ぶべきことが多く、とても刺激的な展開でした。リードを奪われながらも、学園の底力を見せ、ミスをカバーし合い、最後まで走り切って4-2で勝利しました。キャプテンの安藤涼生くんは得点にあと一歩のところでしたが、献身的なプレーでチームをけん引。引き締まったチームを見せてくれました。全員が試合に出場し、練習とは違った緊張感、試合の難しさ、楽しさを味わう良い経験ができました。

◆◇ 立川シティハーフマラソン ◇◆
 今年も3月10日(日)に、昭和記念公園で立川シティハーフマラソンが行われました。
 二学期から[短距離(100m~200m)]のダッシュで身体を大きく使う練習を行ったり、友だちと話しながら[15分おしゃべりジョギング]で少し長い時間、身体を動かす感覚を養う練習を行い、本番に備えていきました。
 当日は、暑くもなく寒くもない走りやすい天候となりました。6名の六年生と7名の五年生が3kmのレースに出場しました。
 どの学年のレースも、スタートの号砲と共に速いペースで始まり、大会の緊張感や本格的な速さを肌で感じることが出来たのではないかと思います。
 そして、3kmという長い道のりも、仲間や保護者の皆さんの声援によって子どもたちはいつも以上の力を出して走り抜いていました。
 応援に来てくださった保護者の皆さん、本当にありがとうございました。