お知らせ

くにたち音楽祭・音楽交流会&小・中学校将棋団体戦参加の報告

2019年6月28日

  //
☆★ 『第44回くにたち音楽祭』に参加して
 6月9日(日)しらかば合唱団の子どもたちが「くにたち音楽祭」に参加しました。毎年卒業生にも声をかけており、今年は高校生まで8名の賛助があり、在校生と合わせて45名での合唱となりました。本番までに3回卒業生中心の練習日を設け、出席してくれた在校生との交流も果たしてくれました。また、本番の参加は無理でもこの練習日だけに顔を出してくれる卒業生もおり、今年も合唱の同窓会のような光景が微笑ましかったです。在校生にとって、学園でいろいろ経験した卒業生のアドバイスは、とても重みがあります。このつながりを今後も大切にしていきたいと改めて思いました。
 この音楽祭は、国立市にある子どもから大人までの幅広い音楽愛好団体が、日頃の活動の成果を発表し合う演奏会ですが、今年も国立学園の卒業生であり現評議員でいらっしゃる早稲田大学前総長の白井先生が出演されていました。開会の辞では、市長より叙勲のご報告もありました。また、奥様が出演されていて会場に来ていた、しらかば合唱団1期
生が声をかけてくれました。ずっと合唱が続いていることを喜びつつ、男子の数の多さに驚いていました。当時の男子合唱団員は3人だったそうです。これを機に学園にも遊びに来てくれると約束してくれました。
 地域の合唱祭ならではの出会いも果たし、これからも地域とのつながりを大切にしていきたいと思いました。日頃から合唱団を応援してくださっている皆さまに、心より感謝申し上げます。

  //
☆★ 『Lake Highland Academy Singers』との音楽交流会
 6月7日(金)本校の体育館において、アメリカフロリダ州にあるLake Highland Preparatory School所属のAcademy Singers 17名と、本校のしらかば合唱団38名が音楽を通して交流会を行いました。Academy Singers は個性的でテーマ性のある衣装をまとい、創造的な振付を音楽と共に披露してくれました。毎年11月のVeterans Dayでは、市が開催するイベントに出演し、退役軍人や表彰者に対してパフォーマンスを行っているそうです。しらかば合唱団は、「友達賛歌」など6曲を披露しました。
 お互いに合唱を披露した後は、一緒に来た保護者の方も交えて、日本の音楽遊びである「貨物列車」を楽しみました。短い時間でしたが、充実した音楽交流会になりました。最後に、Academy Singers から記念品をいただきました。記念品は高学年昇降口のトロフィーケースに飾ってあります。

  //
☆★ 『第15回文部科学大臣杯小・中学校将棋団体戦 東京大会』に参加して
 6月9日(日)将棋が大好きな子どもとともに、日本橋の綿商会館で行われた「将棋団体戦東京大会」に参加してきました。団体戦というのは1チーム3人(3人とも同じ小学校)で2人以上勝ったチームが勝ちというルールで行います。高校生プロ棋士藤井聡太七段の影響もあってか、今までの最大の105チームが参加しました。本校は4年生2人に新鋭の2年生を加えたAチーム、5年生3人のBチームが参加。五回戦を戦って、Bチームは全体の10位、Aチーム(4年桜組 松田知樹、4年梅組 山川一将、2年松組 井上博貴)は全勝で、東日本大会の東京代表を賭けたプレーオフへ進出。ここでも強敵を打ち破って、見事東京代表の切符を勝ち取りました。東日本大会は夏休みの7月23日(火)。ここでの大活躍を祈っています。